ネットで買える医薬品と注意すべき点

今までのまとめと小話

違法サイトの小話

違法サイトは減るばかりか年々増えているのが実態です。
実は、薬は個人で輸入できますがそのためには、「薬監証明」というものが必要になってきます。
「薬監証明」とは、医薬品を外国から輸入する際、通関で必要となる書類のことで営業目的以外の理由で地方厚生局から発行されます。その発行理由も限られています。
この「薬監証明」は年々発行件数が増えています。
なので、医薬品の個人輸入サイトで購入を考えている人はリスクを承知の上買った方がよさそうですね。
少しの知識があれば甘い誘惑の広告が目に入っても違法サイトに踊らされずに正しい判断が出来ることと思います。全く知らない・少しでも知っているだけでも身を守る手段になるのでここで参考になれば幸いです。

最後に

通販で買える医薬品のことを少しでも知って頂けたでしょうか。
ネットの世界では、安全と思っていても思わぬ落とし穴があったり、違法サイトとは知らずに医薬品を買ってしまうなど様々な危険があふれています。
写真が掲載されていて、見た目はとても良くて実際届いてみたら、写真とは全く違うものが送られてきたなどネットによる被害は年々増えています。
医薬品を買う際には、上記でご紹介した通りしっかり確認して健康被害に合わないことが大事ですね。

忙しくてなかなか薬局に行けない人も、空いた時間でネット検索して常備薬としてご自宅に保管するのもよし、衣類・食品をネットで注文でき、そして医薬品まで買える時代になってこれからもその進化はとどまることはないでしょう。
みなさまの安心で安全なネットライフを過ごしていきましょう。