ネットで買える医薬品と注意すべき点

買うときは何を注目すればいいの?

見た目だけで騙されないで!

冒頭で医薬品は販売するにあたって細かいルールが決まっているとお話ししましたね。
医薬品をネットで買えるようになってからは、違反な販売サイトが横行するようになりました。
どんな違法サイトかというと、ルールでは、注意書きや効能、成分表示をしなければならないが、違法サイトは表示成分が記載されていない、成分表示をしていないにも関わらず成分が入っている、偽造品や不良品を販売をしているなどルールを全く無視したサイトです。特に目にするのは調べなくても広告などでよく目にする、勃起不全の治療薬や女性の胸を大きくする薬、劇的に飲むだけで痩せるといったものです。
なので、購入する際には、注意書きや成分表示がしっかりと記載されているか、確認してみてください。

ネットでも医薬品を買う場合は店舗がある!

ネットで物を買うとき倉庫に品物があるのをイメージとしてありますよね。
ですが、医薬品の場合は、薬局や店舗販売業の許可があり実店舗を持つ薬局・薬店であること・薬剤師または登録販売者が常時いることが定められています。
そしてネットではなく、対面や電話での相談が出来る体制が整っていることも条件のひとつとして定められています。
これで、薬のことでわからないことがあったり不安に思うことがあったら聞けるので安心できますね。怪しいサイトだと思ったら所在地と電話が通じるか店舗販売業の許可はあるかなど確認してみるといいですね。

買う人たちにとって、ネットは匿名性があるので人に知られたくない、人見知りだから薬剤師に聞けないなど理由は様々ですが、違法サイトで薬を買ってしまい健康被害にあわないように気を付けて医薬品を購入しましょう。